50代主婦が在宅でライターを始めて3ヶ月目の収入を公開!

WEBライター

50代更年期&ADHD主婦である私ちゅらが、在宅でライターを始めて3ヶ月が経ちました。

2ヶ月目で6桁に達したので、このまま上昇気流に乗って突っ走るつもりでしたが、なかなか思うようにいかない1月でした。なんとか6桁はキープしたというところです。

この記事ではこれからWEBライターを目指す方のご参考に、

  • 収入が伸びなかった理由
  • 1ヶ月の収入6桁をキープするのに心がけていること

をご紹介します。

3ヶ月目もなんとか6桁をキープ

3ヶ月めの収入トータルは、105,000円。2ヶ月目の139,000円より34,000円のダウンです。ただし執筆文字数は85,000文字と、2ヶ月目より51,000文字も少ないので、文字単価的には上がったことになります。

2ヶ月目 139,000円/139,000文字=文字単価1.00円

3ヶ月目 105,000円/ 85,000文字=文字単価1.23円

以下収入がのびなかった要因。

お正月7日までガッツリ休んだ

今年のお正月休み、他県で働いている息子が家に戻ってきてガッツリ7日まで滞在したので、私も7日までガッツリお休みしました。20歳すぎてもひとり息子はかわいい。息子LOVE。

1月スタートの案件が2月に持ち越した

12月にテストライティングを終え、継続採用が確定し、1月にスタートするはずだった案件がいつまでたっても始まらず、2月にずれこみました(悲)

どれくらいのボリュームになるかも決まらなかったので、すごいボリュームだったらどうしようと思い新しい案件を取れませんでした。

商品紹介コンテンツ試用期間で消耗の末離脱

12月から継続していた商品紹介コンテンツの、試用期間のライティングに気力と体力を奪われました。文字単価は高かったのですが、商品を探すのが大変で疲弊。執筆ルールも異常なほど細かくて、細かいことが苦手なADHDには地獄の案件でした…。

結局この案件は試用期間で離脱。商品紹介記事は向いてないので、今後はよほど単価が高くないと受けないと決意。

10日間実家に帰った。サブディスプレイのありがたさを痛感

自分の通院と、体調不良の母の様子を見に行くのを兼ねて、10日ほど実家に帰りました。実家でも執筆はしたのですが、普段ノートパソコンで執筆をし、サブディスプレイに資料を表示して作業しているので、ノートパソコンだけだと思うようにはかどらず。サブディスプレイのありがたみを実感しました。

6桁稼ぐために決めていること

3月からは、本業と副業を完全に入れ替え、ライターをメインでやっていくことに決めています。私が6桁を死守するために決めているのは以下の5点です。

  • 1円以上の案件だけ受注
  • 構成済みの仕事を選ぶ
  • WP入稿、画像選定アリは受注しない
  • 提案するのは継続案件のみ
  • 「おすすめ○○選」系の案件はやらない

1円以上の案件だけ受注

文字単価1円以下の仕事を完全に切りました。私が受けた仕事でしか言えませんが、正直1円以下の仕事の方が、構成の指示や修正が多かったです。また自分の執筆スピードを考えると、文字単価1円以下だと6桁稼げません。

初心者だと、文字単価1円以上の記事なんて恐れ多い…と思いがちですが、やってみればいいのです。ダメだったら依頼が来なくなるだけで、ダメかどうかを決めるのは、あなたではなくクライアントなのですから。

構成済みの仕事を選ぶ

これも自分の執筆スピードと関係しますが、構成を自分で考える案件だと時給が下がって単価が落ちます。今の私の執筆スピードと文字単価だと、構成済みの案件を、ひたすら文字だけガリガリ埋めていくのが一番コスパがいいです。

また他人の作った構成というのは意外と勉強になります。どういった意図で作ったのか考えたり、私ならタイトルはこうするとか考えたり。特にプロが作ったものはやはり違うなという印象です。今後自分が構成をしていく時に、役立つと思っています。

提案するのは継続案件のみ

ランサーズクラウドワークス も、提案するのは継続案件のみと最初から決めています。1記事だけの高単価案件も多くありますが、案件を探す時間も時給が発生してると考えると、割に合わないと思っています。

WP入稿、画像選定アリは受注しない

旅行案件の写真選定で時間がかかったこと、wordpress入稿で案件ごとに違うシステムの操作を覚えるのが大変だったことから、これらのない案件だけを継続することにしました。今継続して執筆している案件は3つですが、どれも全てワード入稿でひたすら文字を打っていくだけのものです。

画像選定とWordpress入稿、装飾などが入ると、間違いなく私が最低ラインとしている時給1000円を割ってしてしまうのです。先月まで受けていた0.7円の生活系は、ガリガリ系だったのでがんばってましたが、今月からWordpressになったので辞退しました。

システムが書きやすいものなら続けようと思ったのですが、触ってみたところ機能がとても使いづらかったためです。同じように感じた多くの方が、離脱したようでした。

「おすすめ○○選」系の案件はやらない

試用期間中3記事書いて離脱した案件は、「おすすめ商品○○選」系でした。文字単価が高かったのでやる気まんまんだったのですが、商品選定で消耗しました…。5商品ぐらいまでは楽々ですが、10商品ぐらいから苦しくなり、それ以上になると商品を探すだけでただ時間が過ぎていきます。

確かに文字単価だけで考えると悪くはなかったです。しかし最終的に時給換算すると、文字単価1円でガリガリ書いたのと変わらないか、もしくは悪いくらいでした。これならガリガリしてる方が、私には精神衛生上いいと思ったので、商品選定系はもうやらないと思います。

50代主婦が在宅ライター:案件を選べば6桁もムリではない

ライターを始めてまだ3ヶ月ですが、手応えとしては案件さえ選べば6桁はクリアできると思います!

クライアントさんの質や相性もあると思いますし、正直始めてみないとどの程度の作業量が発生するのかわからないことも多いので、自分に合った案件に出会うまで、案件を探し続けることをおすすめします。

私も自分の執筆スピードから考えると、文字単価を上げていく以外、収入を増やしていく道はないと思っているので、がんばります!

私が利用しているクラウドソーシングはこちら

にほんブログ村 小遣いブログ Webライター・ブログライターへ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ