50代主婦がWEBライターを始めて2ヶ月目の収入を公開!

WEBライター

12月は、11月にテストライティングを受けた中でいくつか決まった継続案件を中心に執筆しました。

旅行系、生活系の2つの0.5円の案件は、画像挿入のない生活系だけほそぼそ継続することに。構成まで決まっているから楽なのです。毎月の納品記事数に応じて0.1円ずつ上がっていく案件なので、続けるモチベーションもありますし。

旅行系の記事は本当に大変で、構成作成アリ&画像挿入アリは高額案件でなければ続けるのはムリと悟りました。

1円以上の継続案件にターゲットを絞る

1時間に1000文字が限界という自分のライティングスピードを知ったので、0.5円では仕事を辞められるほど稼げないとわかりました。そこで1円以上、継続案件だけにターゲットを絞り込むことに。

さらに構成作成がなく、画像挿入もない案件だけに集中的に応募し続けました。これが思いのほかうまくいき、文字単価1円の案件確保に成功!

11月、試用期間中にふるい落とさた案件もあり、その時はちょっぴり涙しましたが、その案件に脱落した直後におそるおそる提案してみた1.5円の案件に通ったので、今となっては脱落してよかったとちゃっかり思ってみたり。

ただし1.5円の案件は、1月に入った今もまだ試用期間が続いていて、結構のっぴきならないところにいるので本採用されるかまだわかりません。

50代主婦が在宅でWEBライターを始めた2か月目のトータル収入

12月、WEBライターを始めて2ヶ月目の執筆記録と収入見込みです。

継続案件4件、合計で63記事、139,000文字書きました。継続案件のうち、1円未満は生活系だけであとは1〜1.5円です。

そして平均単価が1円になったので、収入見込みも139,000円(税込)となりました!(私は月ごとの執筆文字数とそれでいくら稼ぐかで収入を考えているのでまだ収入が発生していない案件もあります。)

手数料が差っ引かれると105,000円ぐらいでしょうかね。手数料痛いけど営業経費と思うようにしています。

それと、実は12月は、フルタイムで働きながら、平日20時から24時の4時間、休みの日は12時間ガッツリ記事を書きました。正直50超えたわたしには半端なくキツかったです。

それでもがんばって1カ月書き通したのは、ライターとして独立することができるのか、実際にフルタイムと同じ「週に44時間」働いてみて確かめたかったからです。

50代の主婦でも、みっちり時間をかけて取り組めば、webライティングで10万以上稼げることがわかりました。1カ月で書いた14万文字が全部文字単価1.5円になれば20万を超えるので、独立してもやっていけると手応えを感じました。

WEBライターにチャレンジするか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

ランサーズ
クラウドワークス